きれいな歯になる

治療する歯科医

歯は、食べ物を食べるときにとても大切なパーツです。
歯がなければ、ものを噛むことも出来ません。
毎日使うからこそ、歯磨きなどもしっかり行わなければなりません。
虫歯は自分自身で予防を行なうことが出来ますが、歯並びは自分でどうすることも出来ません。
そこで、歯並びなどで悩んでいる人は、歯科医院に行って歯の矯正を行います。
全部の歯を矯正することも出来ますし、部分的に気になっているところの矯正を行なうことも出来ます。
部分矯正であれば、普通の矯正よりも低コストで治療が受けられます。

医療福祉の観点から見ても、歯の矯正は重要視されています。
歯の悩みがあって、あまり大きく口を開けて笑うことをしない人がいます。
歯並びが健康的できれいだと、以前よりも笑顔が増える人がいるのも事実です。
そういった意味で歯の矯正治療は、子供だけでなく大人も行なう必要があります。
大人が矯正するメリットとしては、歯周病予防などが出来る点です。
健康面でのメリットが大きくなります。
歯を矯正することで、腰痛や肩こり・口呼吸の改善がみられた人もいます。
いままでそのままにしていた人も、体のことを考えて矯正を行いましょう。

歯科医院で歯の矯正治療を子どもがする場合、子どもの成長に合わせた治療を行なうことが出来ます。
あごの成長や歯の生え変わりなどに合わせて行っていく方法があります。
大人になって治しづらい頬杖や寝癖なども、小さい発育段階で治していくことで、正常な成長に導くことが出来ます。
子供のときから、歯の矯正は行う必要があります。
子供のときに矯正をしていれば、大人になってからの体の不調も減らすことが出来ます。
早めの治療は、今後に影響してきます。
治療によって、噛み合わせが大きく変わって起こるトラブルも防ぐことが出来るからです。
治療に時間がかかる場合もありますが、根気強く行いましょう。

必要な費用

女性の口元

矯正歯科で治療を行なう上で、費用がかかってきます。歯科医院にもよりますが、治療費には相場があります。基本治療料やカウンセリング費用など含めてどの程度かかるのか簡単に紹介していきます。

かかる時間

状態をみる歯科医

矯正歯科で歯を矯正するときには、ある程度の時間がかかります。簡単なものと、大きく歯を動かすものとでは、治療にかかる期間は変わってきます。治療にかかる期間などについて紹介します。

始める時期

握手する患者と歯科医

歯の矯正は、子どもが行なうものというイメージがありますが、おとなになってからも行なうメリットはあります。始める時期はいつでもいいのです。矯正歯科で行なうときの大人と子どもの矯正の違いについて紹介していきます。

審美との違い

歯科器具

矯正歯科で行われる治療で、審美治療というものがあります。矯正も審美も、歯の並びをきれいにしたいということには変わりありません。どういった違いがあるのか簡単に紹介していきます。

矯正の方法

2人の歯科医

矯正歯科では、いま最新の矯正方法を取り入れているところがあります。マウスピース矯正やインプラントといったものがあります。治療法の詳しい説明とその他の治療法について紹介します。

歯科医院を探す

受付の歯科医

全国各地に、数多くの矯正歯科があります。大事な歯に対して治療を行ってもらうので、評判のいいところなどを選んで行きましょう。口コミサイトなどを活用すると簡単に探すことが出来ます。

  • 2人の歯科医
  • 握手する患者と歯科医
  • 歯科器具